株式会社九州エネルギーパートナーズ

SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

Initiatives for SDGs

持続可能な開発目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

株式会社九州エネルギーパートナーズのSDGsへの取り組み

● 再生可能エネルギー普及拡大し、クリーンエネルギーの普及とCO2削減につなげます。

● 太陽光発電、蓄電池による自家消費を普及拡大しCO2削減につなげます。

● 外国人の積極的採用によりグローバリズムを実現する。

太陽光発電や蓄電池の普及・促進を拡大して、暮らしや地域に貢献していきます。

  • 太陽光発電や蓄電池の普及・促進を拡大

    • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • つくる責任 つかう責任
    • 気候変動に具体的な対策を

株式会社九州エネルギーパートナーズは、太陽光発電や蓄電池の普及・促進において、これまで熊本・九州を中心に40,000件以上の設置実績を残してきました。地球温暖化問題が議論される中、弊社では再生可能エネルギーへの転換として太陽光発電と蓄電池がこれからの国内の主電源たりえるエネルギーとして普及させることが重要だと考えております。
株式会社九州エネルギーパートナーズは、「電気」を再生可能エネルギーとして普及・促進することで、 地球環境に優しいクリーンエネルギー社会を目指し、CO2削減の他、皆さんの暮らしや地域に貢献を果たしていきます。

分け隔てない雇用・社員育成を通して、多くの人に貢献できる会社作りをします。

  • 社員・顧客共に幸福であり、多くの人に貢献できる会社づくり

    • ジェンダー平等を実現しよう
    • 働きがいも経済成長も
    • 人や国の不平等をなくそう

株式会社九州エネルギーパートナーズでは全社員が各分野の専門性に加え、自身の分野以外をカバーできるよう社員育成の体制を目指しています。
営業・現場作業員・事務・管理職などの職種やまた男女・国籍の隔てを無くして情報共有ができるような環境を整備し、社員全員が常に最新情報を基に行動ができるよう、社内システムとインフラの構築を目指します。

太陽光発電と蓄電池のことなら「九州エネルギーパートナーズ」
お見積もり、資料請求などお気軽にお問合せください。

私たち九州エネルギーパートナーズは火の国サラマンダーズをお応援しています

PAGE TOP